紙薬歴からの切り替え!残業はほぼゼロに!

よつば薬局

所在地 兵庫県揖保郡
店舗数 4店舗
常駐薬剤師数 2人
立地 内科・小児科・泌尿器科門前
導入年 2020年
導入前の状況 手書き

インタビュー動画はこちら

兵庫県揖保郡太子町で開局している薬局で、処方箋が多い診療科は、内科・小児科です。門前には、内科・小児科以外に 泌尿器科もあり、1 日の処方箋枚数は平均で150 枚ぐらいです。正社員2名・パートさん2名で対応しています。

導入の目的

薬歴作成時間の短縮

導入の決め手

使いやすさ・在宅診療時に便利であること・低価格・親会社の知名度

得られた効果

残業はほぼゼロになったこと・薬局の景観が良くなったこと

薬局の概要・プロフィール

1日の平均処方箋枚数は150枚。小児科の門前で調剤に時間がかかる…

新型コロナウイルスの影響で、処方箋枚数は少し減ってはいますが、冬場になると特に小児科の患者様が増えます。小児科の処方の場合、調剤に非常に時間を取られてしまうので、冬場は特に忙しいです。

導入前の課題

冬場は残業が当たり前の環境…

小児科の処方箋が多いので、薬剤師が調剤業務でいっぱいいっぱいになってしまうという課題がありました。結果、営業時間外になってから薬歴作成に取り掛かる状態でした。また、紙薬歴を使っていたので、さらに薬歴作成業務に時間がかかり、結果的に残業が増えていました。特に、冬場でインフルエンザの流行時は残業が当たり前でした。また、紙薬歴の課題でもあるのですが、人によって書く字にも特徴があって、ほかのスタッフから「字が読めない」と注意される薬剤師もいました。
もう一つの課題としては、薬歴の中身です。働いている薬剤師もそれぞれ経験はありますが、教えられてきたことに違いがあります。今までの経験をもとに薬歴を書いていますが、確認してみるとちょっとした不備が見つかることもあり、質を統一することに難しさを感じていました。
残業が増えてしまうという課題に関しては、営業時間内に強制的に薬歴作成時間を設ける工夫をしてみましたが、夏場はそれでうまくいっても、冬場になると元通りになってしまい、手詰まり感がありました。
そこでまずは、紙薬歴から電子薬歴に変更することを検討してみようと幾つかの電子薬歴の話を聞いてみました。

導入の決め手

ルナルナを展開している安心感。低価格で導入できること。

使い勝手と持ち運びができる点は導入の大きな決め手となりました。

今まで紙薬歴を使っていたので、電子薬歴に不慣れなメンバーもいます。電子薬歴に切り替えて、仕事が遅くなってしまっては本末転倒ですので、使い勝手は非常に重要でした。
実は、別の店舗では他社さんの電子薬歴を導入しているのですが、そのシステムと『CARADA 電子薬歴 Solamichi』(以下『CARADA 電子薬歴』)を比べたときに、「『CARADA 電子薬歴』の方が使いやすそうだね 」 という声が上がりました。

もう一つの持ち運びの部分ですが、当薬局では今後在宅診療にはもっと力を入れていこうと考えています。
その将来を考えたときに、在宅先へドクターと同行した時にすぐに情報を提供できる点、報告書をその場で作成できる点は非常に魅力的でした。
その他、決め手となったのはソラミチシステムのグループ会社であるエムティーアイの認知度と、『CARADA 電子薬歴』の価格です。
私でも知っていた『ルナルナ』を展開されており、一部上場されている点での安心感は確かにありました。
また、『CARADA 電子薬歴』の価格も予想以上に低価格だったのも良かったです。低価格で導入できる点に、弊社代表は非常に喜んでいました。

導入後の変化

残業はほぼゼロの状態に。薬局の景観も良くなった。

『CARADA 電子薬歴』を導入してから、パートさんに関しては残業がほぼゼロになりました。
薬剤師も、今まで1時間の残業が30分に短くなっていたり、残業していても薬歴作成以外の業務だったりと、業務改善されている実感があります。
薬歴作成業務が改善された理由としては、隙間時間を有効活用できることがあります。少し患者様が途切れた時間帯で、ちょこちょこっと薬歴を書いて、書き切れなくても仮保存して、また空いた時間で編集して…といったように薬歴を書くタイミングが増えました。
『CARADA 電子薬歴』の仮保存機能や、どこでも作成できる利点を使って、隙間時間を有効活用できているのは良い変化だと思います。

また、あまり扱ったことがない薬が出た場合、今まではわざわざインターネットを開いて添付文書を探す手間がありましたが、『CARADA 電子薬歴』の場合は薬の画面をタップすればすぐに添付文書を確認できるので、そういった細かい業務の短縮が残業時間削減に繋がっています。

もう1つ、導入して嬉しかったのは薬局内の景観が良くなったことです。
今までは紙薬歴が棚にたくさん並べられていて、患者様のファイルにもたくさん資料がたまっていました。
『CARADA 電子薬歴』を導入したことで、その資料が目に見えなくなり、見通しが非常に良くなりました。

『CARADA 電子薬歴』を検討している薬局様へ

機能面はもちろん素晴らしいですし、意見をどんどん受け入れてくれる点は非常に助かっています。
個人的には、良い意味でガツガツしていない営業スタイルが良かったです。
担当によって違うかもしれませんが、私の担当営業マンは非常に良い距離感で接してくれました。
今までの営業の方は、売り込みが強かったのですが、そういったストレスが無かったのも良かったです。
我々としても、例えば調剤業務をしている間に、営業の方に来られても「ちょっとごめんなさい」ということが、やっぱりありますので。
飛び込む気持ちも分からないでもないですし 、頑張っているのも分かりますが、こちらも今忙しいんだよね…といったケースってあると思います。
そういう意味で、良い意味でガツガツされてなくて、『CARADA 電子薬歴』に関わる人はみなさん人が良くて、この人達なら導入後も安心できるかなと思います。

クラウド電子薬歴をご検討中なら

まずはお気軽にお問い合わせください


コンテンツ配信事業
オンライン診療システム
クラウド電子カルテ
pagetop