服薬フォロー
服用期間のフォローアップ機能で患者さんとのコミュニケーションをサポート

ToDoリスト

1.その日のタスクを可視化し、対応漏れを防止

薬局業務は、日々やらなければならないことが山積みです。ToDoリスト機能では、薬局・薬剤師それぞれのタスクを登録することで、その日のタスクを一覧で確認できます。毎日見るシステムだからこそ、必要な機能です。

2.服薬フォローのタスクも登録可能

ToDoリストは患者単位でも作成できるので、服薬フォローのスケジューリングにも使用できます。患者さんの処方に応じて、フォローアップを実施する日と内容が確定したら、ToDoリストに登録することで実施日当日にアラートが上がります。ToDoリストを服薬フォローに使用することで、フォローアップの対応漏れを防止できます。

3.薬歴への記載も簡単

患者さんごとのToDoリストに登録した内容は、薬歴に転記することも可能です。登録・実施したToDoを薬歴に反映することで、新たな受付外指導が生成されます。この受付外指導の薬歴内に、服薬フォローの実施内容や結果を記録し、服薬フォローの証跡を薬歴に残すことができます。

活用イメージ

①患者さんの処方内容に応じて、フォローアップを実施するタイミングと内容を考え、ToDoリストに登録しておきます。

②登録した実施日がきたら、ToDoリストにアラートが上がるので、これを確認し、服用期間中の患者フォローアップを実施します。

③実施後、該当ToDoを薬歴に反映し、生成された受付外指導の薬歴内の実施結果に、患者さんからヒアリングした情報を記録します。

SMS連携 ※2021年度実装予定

1.服薬フォロー患者とその内容を自動で提案

『CARADA 電子薬歴』の服薬フォロー機能には、薬剤師の業務負荷を減らす仕組みが組み込まれています。処方薬等から、システムがフォローを行うべき患者さんの提案を行ったり、患者さんに確認すべき内容の提案を行います。どの患者さんに、いつ、どんなフォローを行うべきなのか、服薬フォロー実施のハードルとなる部分をしっかりサポートするので、まだ業務として定着していない店舗でも、無理なく実施することができます。

2.服薬フォロー内容を自動で送信

服薬フォロー機能では、ToDoリストによるスケジューリングを行うことができます。実施日と実施時間を設定しておけば、あとはシステムが期日に自動で質問内容を患者さんに送信します。ToDoリストに服薬フォローの登録さえしておけば、薬剤師は、患者さんの回答を待つだけになり、簡単にフォローアップを実施できます。

3.服薬フォローの証跡も簡単に薬歴へ反映

患者さんからの回答内容はボタン一つで簡単に薬歴に転記できます。患者さんからの回答を確認し、薬歴に残したい内容を選択し、反映することができます。フォローアップの実施日や患者さんからの返答日、回答内容をすべて転記できるので、簡単に服薬フォローの証跡を薬歴に残すことができます。

活用イメージ

①システムからのフォロー提案内容を確認し、システムが提案する実施タイミングと質問内容を参考に、服薬フォローの設定をToDoリストで行います。

②フォロー設定がされたToDoリストは、指定された実施日が来た時点で自動で患者さんに質問をSMS送信します。

③患者さんからの回答内容を確認し、必要な内容を選択して、薬歴に転記します。この薬歴を保存することで、服薬フォローの薬歴記載を完了できます。

お客様からの声

ToDo機能の活用でスムーズな連絡が可能に

ToDo機能がなければ、フォローアップの件数も今より断然少なかったと思います。
投薬の際すぐに薬歴画面からToDoを登録でき、1分もかかりません。ToDo機能のお陰で、フォローアップの電話のかけ忘れが防げてすごく助かっています。

溝上薬局北鹿島店(佐賀県)

クラウド電子薬歴をご検討中なら

まずはお気軽にお問い合わせください