白男川薬局 様

期待していた通りに業務効率化が図れて
薬歴がたまる体質が改善されました。

導入の目的 薬歴の質の底上げと作成の効率化
導入の決め手

「ソラミチがいい」という現場の薬剤師の声を聞いて導入を決断

得られた効果 業務に追われていた状態から、業務を追いかける状態に変化

薬局の概要・プロフィール

創業80年三代目が考えるこれからの薬局の姿

「地域の人のために何かできないか」これが昭和15年に起業したときの祖父の想いです。そこからご縁のあった薬のお仕事をさせていただき、今年で創業80年を迎えます。私が三代目になりますが、祖父の想いを引き継ぎ、地域のために、安心と笑顔をつくりたいという思いで、『人とまちを元気にする親切な薬局』という企業理念を掲げています。「安心をつくる」という点で意識しているのは、地域の方々から「顔の見える薬局」であるということです。薬局にどういった人たちがいて、その人となりが分かった上でお薬を受け取れる状態がさらなる「安心をつくる」ことに繋がると思っています。そのためにも、薬局の仕事に留まらず、地域のイベントとかに積極的に参加するようにしています。地域にとって薬局は今どうあるべきか、と改めて考えると、祖父の時代の姿が求められているのではないかと思うのです。町の相談所として、お薬に限らず、広く地域の相談を受けていた祖父の時代。その姿が、今一度この現代において、求められている薬局の姿ではないかと。実際、健康相談会の開催や学校薬剤師の動き、通り会の協力やお祭りへの参加、老人ホームへの慰問等々、いわゆる町づくりへ参画していくことで、地域から信頼できる薬局として様々な相談ができ、地域の安心と笑顔づくりに貢献してきていると感じています。

白男川薬局の写真

導入前の課題

それぞれの年代の価値観による、薬歴内容のバラつき・・・

煩雑な部分が多い薬剤師の業務の中で、薬歴作成の時間をうまく作れていないという悩みがありました。また、当社には20代から70代まで幅広い薬剤師が活躍していますが、それぞれの年代で価値観や、教えられてきた薬歴の「質」に違いがあり、どうしても薬歴の内容にバラつきが出てしまうことが悩みでしたね。それらの課題を解決するために、薬歴を作成する時間を強制的に設けたり、事務員さんにもサポートしてもらって薬歴記載の段取りを組んでもらったりと工夫はしてきました。しかし、どうしても薬剤師の業務改善が進まず、なかなか課題が解決されないという状況が続いていたのです。そこで、当社の課題である、薬歴の質の底上げと作成の効率化を改善できる薬歴システムはないかということで、情報収集をしていました。広くアンテナを張り、様々な電子薬歴のメーカーさんとお話をさせていただきました。その中で迷っている中、医療展示会のブースで出会ったのが、ソラミチとの最初の出会いです。

導入の決め手

「ソラミチがいい」という現場の薬剤師の声を聞いて導入を決断

決め手は三つあります。一つ目は、クラウド化です。電子薬歴がクラウド化されたことで、時と場所を選ばずに業務ができ、業務効率が上がるだろうと期待しました。具体的には、在宅の効率化が上がるだろうと。また、クラウド化は昨今の災害においても、データ保存において大きなリスク軽減に繋がるだろうとも考えました。二つ目は、「指導ナビ」という機能が、非常に素晴らしかったことです。指導ナビにより全体的に指導の質が上がるだろうと確信できましたし、更に作成スピードも速くなることが期待でき、非常に気に入った機能です。三つ目が、価格面です。利用端末を何台増やしても、月額利用料が定額であることは、経営者として非常に魅力的でした。経営者としては、上記のような点が決め手となりましたが、私が大事にしたのは現場の意見です。実際に使うのは現場の薬剤師ですから、私の意見以上に現場の意見を重要視しました。現場の薬剤師にシステムの話を聞いてもらい、「ソラミチさんがいいです」という声をもらったことでソラミチの導入を決断しました。

ソラミチ導入後の変化

業務に追われていた状態から、業務を追いかける状態に変化

期待していた通りに業務の効率化が図れて、薬歴の「質」と「スピード」に関する課題が改善されました。また、在宅業務も充実しています。移動しながら薬歴を書くことができますし、薬歴が報告書・計画書と紐づいているため、書類作成のスピードが上がりました。さらに、訪問先での検査値情報や訪問先の状態を画像保存できるため、薬歴の厚みも増えたと実感しています。全体的に、業務に追われていた状態から、業務を追いかける状態になってきましたので、以前よりも対人業務に時間を割けるようになってきています。今後、しっかりと服薬指導の質を上げていくようにしていきたいと思っております。

おわりに

ソラミチさんの良さは、「現場をしっかり見てくれている」点です。導入にあたり、担当者の方と何度か打ち合わせをしましたが、当社が企業理念を掲げる、地域や患者様にしっかりと向き合ってそれに応えていく、変化していくという想いと同じく、私達にしっかり向き合って応えよう、変化しようという気概を感じることができ、一緒に歩んでいくパートナーとして相応しいと思ったのです。是非、ソラミチさんを利用して、この業界を一緒に盛り上げていく仲間が、もっともっと増えて欲しいなと思っています。

クラウド電子薬歴をご検討中なら

まずはお気軽にお問合せください