質を担保しつつ業務効率を上げるには
『CARADA 電子薬歴』がおすすめ!

みしま3丁目薬局

所在地 大阪府摂津市
店舗数 1店舗
立地 病院門前
導入年 2020年
導入前の状況 他社システム利用

インタビュー動画はこちら

患者様から何事も相談いただけるような、地域に根付いた薬局づくりを大切にしています。例えば、患者様の医療費負担をできる限り減らすため、ジェネリック医薬品を豊富に取り揃え、ジェネリック医薬品が発売されたら、すぐに変更できる体制を整える努力をしています。また地域貢献の取り組みとして、どの薬局にいっても同じレベル・同じ指導内容が受けられるよう、市の薬剤師会を通じて作られた吸入指導のフォーマットを使用しています。

導入の目的

薬歴作成時間の短縮・内容の充実化・在宅業務の効率化

導入の決め手

処方監査機能が充実している点

得られた効果

導入の目的達成!現場からも喜びの声が上がっている。

薬局の概要・プロフィール

ドクターとの連携でより良い医療の提供へ

当薬局が大切にしているのは、患者様から何事も相談いただけるような、地域に根付いた薬局をつくることです。
例えば、患者様の医療費負担をできる限り減らすため、当薬局ではジェネリック医薬品を豊富に取り揃えています。
ジェネリック医薬品が発売されたら、すぐにジェネリック医薬品に変更できるような体制も整えて努力をしています。

また、地域貢献の取り組みとしては、市の薬剤師会を通じて作られた吸入指導のフォーマットを使用しています。
地域の患者様が、どの薬局にいっても同じレベル・同じ指導内容が受けられるよう、当薬局も貢献しております。
昨今、薬剤師の対人業務について言及されることが多いです。
薬剤師の動きが活発化されていく中で、質の高いサービスを提供するには、ドクターとの連携は不可欠だと思っています。
そこで、当薬局では患者様から伺った情報をこまめにドクターにフィードバックし、患者様のライフスタイルに合わせた服薬回数や、処方内容を相談させてもらっています。
ドクターとの連携に力を入れて、より良い医療を提供できるよう日々精進しています。

導入前の課題

在宅医療をもっと効率的にできないか・・・

違うメーカーの電子薬歴を導入していましたが、最近では3つの課題に悩まされていました。

1点目は、薬歴作成時間の増加に伴う、残業時間の増加です。
おかげさまで、多くの患者様に来局していただいておりますが、それに伴い薬歴作成の件数も増えました。
今までも薬歴作成に多くの時間を割かれていたので、患者様の増加が薬歴作成時間のさらなる増加に繋がり、結果的に残業時間が増えてしまったのです。
経営においてコスト削減は必須なので、薬歴作成の業務を見直すことができないのかと常に頭を悩ませていました。

2点目の課題は、薬歴の内容部分です。
薬歴の中身に関しては、薬剤師の力量に左右される部分が多く、画一的な内容であったり、内容の薄い薬歴が散見されていました。

3点目の課題は、在宅医療に関する使い勝手の部分です。
理想は、在宅医療の訪問先で、前回の薬歴や何か急な調べものがある際にその場で調べたいのですが、今までのシステムでは叶いませんでした。
毎回、薬局に戻らないと確認できないことに不便さを感じておりました。
これらの課題を感じていた時に、クラウド型の薬歴の存在を知りまして、何社かデモンストレーションをお願いしました。クラウド型に関しては非常に関心が高かったタイミングで、懇意にしている卸さんから『CARADA 電子薬歴』を紹介いただいたのが、出会ったキッカケです。

残業が増えてしまうという課題に関しては、営業時間内に強制的に薬歴作成時間を設ける工夫をしてみましたが、夏場はそれでうまくいっても、冬場になると元通りになってしまい、手詰まり感がありました。
そこでまずは、紙薬歴から電子薬歴に変更することを検討してみようと幾つかの電子薬歴の話を聞いてみました。

導入の決め手

薬剤師業務の理解が深く、業務に沿った機能が開発されている

一番は、処方監査機能が非常に充実していた点です。
実際、『CARADA 電子薬歴』を導入してからの事例ですが、他の薬局さんで処方されていたお薬を併用薬に登録した際、併用禁忌が見つかり、患者さんに伝えることができました。
併用禁忌の相互作用を見つける機能があり、非常に助かりました。
『CARADA 電子薬歴』は、薬剤師業務の理解が深く、薬剤師の業務に沿って開発されているなと感じる部分が多々あり「これなら使いやすそうだ」と思ったことが導入の背景にあります。
また、費用面でも使用端末が増えても月額料金が変わらない点が非常に魅力的で、薬局に優しい製品だなと思いました。

導入後の変化

残業時間の削減に大きく貢献、従業員からも喜びの声が

『CARADA 電子薬歴』は、残業時間の削減に大きく貢献してくれました。
従業員には、プライベートも大切にしてほしいと思っているので、経営者としても嬉しいですし、従業員も非常に喜んでいます。
システムの入れ替えでしたので、運用に乗るまでに時間がかかるかなと心配していましたが、慣れるまでに時間がかからなかった点も良かったです。

また、指導ナビ機能がとても使いやすく、薬歴内容を充実させることに貢献してくれています。
在宅医療に関しても、『CARADA 電子薬歴』を導入したことでタブレットを持って在宅医療の訪問先に行くことができるので、患者様とのよりスムーズな情報交換を実現することが出来ています。
課題に感じていたことを『CARADA 電子薬歴』を導入することにより解決できました。

『CARADA 電子薬歴』を検討している薬局様へ

『CARADA 電子薬歴』の最大の魅力は、薬歴の記載時間が短縮できることと、薬歴内容を充実させられることだと思います。
調剤薬局ではよくある話だと思いますが、特にDO患者さんの薬歴に関しましては、時間はかからないけど内容が薄いという悩みはありませんか。
当薬局ではそのような課題があったのですが、『CARADA 電子薬歴』を導入したことでDO患者さんに対しても、短い時間で的確に内容が濃い薬歴を記載することができまして、理想的な業務を遂行することができています。

さらに、薬剤師による薬歴内容の差というのもなくなってきています。
私どものような少人数の薬局でさえも、薬剤師間の力量というのは感じておりますので、多数店舗を展開されている企業はその差を痛感されているかと思います。
その点、『CARADA 電子薬歴』を導入することで、薬剤師間の力量の差もなくなると思います。

薬歴記載以外にも、在庫管理や調剤業務と薬局薬剤師の仕事は多岐にのぼります。質を担保しつつ、業務効率をあげていこうとお考えの企業にとっては、『CARADA 電子薬歴』はおすすめです。

クラウド電子薬歴をご検討中なら

まずはお気軽にお問い合わせください


コンテンツ配信事業
オンライン診療システム
クラウド電子カルテ
pagetop