お知らせ

2021.06.28
ソラミチシステムの『CARADA 電子薬歴 Solamichi』と富士フイルムヘルスケアシステムズの『Pharma-SEED EX』が販売連携を開始!
~調剤薬局の業務効率化と、医療サービス向上の実現を目指し、サービス連携も視野に~

株式会社ソラミチシステム(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 田浦 貴大、以下「ソラミチ」)は、富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 小原 順二 、以下「富士フイルムヘルスケアシステムズ」と業務提携し、ソラミチが提供するクラウド電子薬歴『CARADA 電子薬歴 Solamichi』と、富士フイルムヘルスケアシステムズが提供するレセコン一体型電子薬歴『Pharma-SEED EX』の販売提携を開始します。
今後は、調剤薬局の業務効率化を推進することで、患者によりよい医療サービスの提供を目指し、サービスの連携や開発などを実施していく予定です。
<業務提携の背景>
2015年に厚生労働省より出された「患者のための薬局ビジョン」※1では、対物業務から対人業務へのシフトが提唱され、2020年9月1日に施行された改正薬機法では、調剤した薬剤の適正な使用のため必要があると薬剤師が認める場合には、服薬期間中のフォローアップが義務化されるなど、より個々の患者の状況に合わせた服薬指導が求められています。
このような背景を受けソラミチと富士フイルムヘルスケアシステムズでは、調剤薬局の業務効率化を推進し薬剤師を支援するとともに、患者によりよい医療サービスの提供を目指し、業務提携契約を締結しました。
<販売提携の背景>
業務提携の第一弾として、クラウド電子薬歴『CARADA 電子薬歴 Solamichi』と、レセコン一体型電子薬歴『Pharma-SEED EX』の販売提携を開始します。これにより、『CARADA 電子薬歴 Solamichi』または、『Pharma-SEED EX』を導入する調剤薬局に対し、新たなサービスの紹介と価値提供が可能となります。今後は双方が培ってきたノウハウを生かし、サービスの連携や開発の実施を予定しています。
【『Pharma-SEED EX』について】
『Pharma-SEED EX』は、安全できめ細かなサービスを求められていく薬局業務と経営を両面からサポートするクラウドを活用したレセコン一体型電子薬歴システムです。患者さま対応を行いながらスピーディに情報入力できるさまざまな支援機能を搭載し、受付での情報入力を効率化します。また、豊富なデータベースと機器連携で調剤業務をより安全かつ効率的に調剤業務を支援致します。

※レセコン一体型電子薬歴システム『Pharma-SEED EX』の詳細はこちらをご確認ください。

【富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社の概要】
会社名:富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社
所在地:東京都品川区西五反田1-31-1日本生命五反田ビル
設立:2000年12月
代表者:代表取締役社長 小原 順二
事業内容:調剤・医科・歯科の医療ITソリューション、医療機器販売、医療機器の保守サービス
URL:https://www.fujifilm.com./hcs/ja/
※1:厚生労働省「患者のための薬局ビジョン」(https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/gaiyou_1.pdf)より
※CARADAは、株式会社エムティーアイが所有し又は使用権を有する商標または登録商標です。

コンテンツ配信事業
オンライン診療システム
クラウド電子カルテ
pagetop