在宅訪問
増える在宅業務にも対応  必要書類をまとめて作成

計画書・報告書作成

1.短時間で簡単作成!提出フォーマットに自動整形

介護計画書や報告書の作成機能を使えば、居宅療養管理指導時に必要となる計画書や報告書を短時間で簡単に作成することができます。作成画面にて必要な情報を入力し、印刷ボタンを押すだけで、そのまま医師やケアマネージャーに提出できるフォーマットで出力できます。

2.処方内容反映やテンプレート機能など便利機能も搭載

作成時には、過去内容を参照・複写できたり、テンプレート機能を使用できます。また、報告書の作成画面には、対象となる処方箋や併用薬情報が自動で入力されるので、報告時に必要な内容を手間なく入力することが可能です。受付外指導での報告書作成や複数処方箋をまとめての報告書作成にも対応しています。

報告書一括印刷

1.同施設への資料作成を簡単に

在宅訪問業務を行っている薬局では、作成する報告書の枚数も多くなります。『CARADA 電子薬歴』には、報告書一括印刷機能があるため、同じ医療機関や介護施設へ提出する報告書をまとめて印刷することができます。これから増えていくことが予想される在宅業務にも柔軟に対応することができます。

2.対象患者を簡単に絞り込めます

報告書一括印刷機能では、医療機関や施設による絞りこみだけでなく、患者マークによる検索も可能です。薬局ごとに100個まで登録可能な患者マークを使用して、薬局ごとの独自の分類を行っておけば、任意の分類の患者さんの報告書をまとめて印刷することもできます。

介護契約書印刷

1.介護契約書はボタン1つで簡単作成

在宅訪問を行う際は、居宅療養管理指導サービスについて患者さんと契約を締結する必要があります。『CARADA 電子薬歴』では介護契約書をボタン一つで作成、印刷できます。契約書だけでなく、重要事項等説明書も同様に作成、印刷可能です。業務にあたり発生する定型業務をシステムでカバーし、薬剤師の対物業務負荷をできる限り減らすための機能です。

2.契約内容はカスタマイズ可能

契約書や重要事項等説明書は、あらかじめ定型文が入っていますが、内容に関しては自由に変更可能です。契約期間や患者さんの負担割合による文章の変更、出し分けも行えるので、薬局の実運用に最適な形で使用することができます。

写真保存機能

1.在宅訪問時の記録をより効率的に

在宅訪問先では、ゆっくりと座って患者さんの記録を行える環境ではない場合がほとんどです。『CARADA 電子薬歴』の写真保存機能では、患者さんの様子やお薬、ちょっとしたメモ書き等、訪問先で記録したい内容を写真で保存することができます。訪問先での記録は写真撮影が最も効率的である場合が多く、在宅訪問の実務において欠かせない機能です。

2.タブレットで撮影しPCで確認、さらに薬局内で共有

タブレットでその場で撮影したものを薬歴に保存しておけば、同じものを薬局PCの薬歴画面からいつでも確認できます。写真名や登録日、登録者も記録できるので、どのタイミングの訪問時に、誰が撮影した、何の写真なのかを一覧で確認できます。タブレットとPCの記録がシームレスに連動できるのは、クラウド電子薬歴の強みの1つです。

クラウド電子薬歴をご検討中なら

まずはお気軽にお問い合わせください


コンテンツ配信事業
オンライン診療システム
クラウド電子カルテ
pagetop